農園の舞台裏

365日自然と真摯に向き合うわたしたちの 舞台裏をお見せします

本日非常に残念な事が起きました。。トマトハウスの暖房の設定温度がMAXまで上がっていて、気付いた頃には、トマトが全て枯れてしまいました。

暖房の温度を調節するつまみが、夜から朝にかけて変更されてました。実はこの出来事が過去にもありました。

機械の故障だと思いたいのですが、人為的につまみを回さないと変わらない所です。管理アプリで見ると、朝の5時から6時にかけて暖房のスイッチが入りハウス内の気温が14℃から36℃まで1時間で上がっていました。そこから太陽も昇り50℃近くまで達してしまいました。高熱でダクトも溶けかけてました。

一緒に仕事をさせて頂いてるサンホープさんの監視カメラに6時頃ハウス前に人が通った形跡がありました。つまり映像で、もう誰か分かる状況です。本当しょうもないんでやめて下さい。なんで、こんな事したのか理解不能です。次やったら警察にこの写ってる映像と共に突き出します。

そして、写真に写ってる大量のトマトが出荷出来なくなりました。出荷による売り上げなんかより、苦労と時間をかけて栽培した野菜がこんな状況になった事の方が遥かにショックです。

もっと早くハウスに鍵を付けていればと思うばかりです。まぁ、そもそもビニールハウスに鍵を付けなくてはいけない環境って事が、本当に恐ろしいです。

去年9月からずっとこのトマトを管理してくれた高松さんも休み返上でハウスまで来ました。。

今すぐ犯人を突き出したいですが、この仕事の苦労も分かる人ですよね。もう本当に本当にやめて下さい。

トマトの出荷はほぼ終了となってしまいますが、また明日からやれる事を頑張ります。また楽しく農業出来るよう切り替えてやっていきます🍅🍅!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。